2011年11月05日

ホットトイズをひろってみた

ホットトイズって、新しい暖かいおもちゃ?と、思ったら違ったとゆうw
フィギュアのメーカーでしたw

普通に、外国の映画俳優さんのフィギュアなんかを、
量産している会社みたいなんだが。

クオリティ、高っ!

普通に量産してるんだけど、どんな方法でこの精度を保つわけ?
やっぱそれなりに、一体作るのに時間がかかるのか?

ネットでみてきましたが、まず、ジャックスパロウ。
これ、怖いな。

本物がそこにいるみたいだ。
むしろ、動かんのか不自然なほど、リアル。

特に、目力がすごい!w
2万円ほどらしいんだけど、これ、ファンなら置いときたいはず。
(楽天では、完売してた。やっぱり!)

ブルースリーとか出たら、すばらしいね。
(調べたら、出てた。さすが!)

次に、アイアンマンのマスクを取った、顔だけのやつ。
まともに見てられないほど、怖い!

顔だけに注目したのかも知れないけど、やっぱ体もほしい。
大きさがわからないけど、等身大だったら、警察来るかも知んないw

で、ターミネーターのサラ・コナー。
本人の写真か?と思ったら、これもきっとフィギュアだ。

断定できないのは、フィギュアを撮影したものとは、書いていないから。
でも、たぶんフィギュアだと思うのは、
ホットトイズのフィギュアを載せているページだから。

これ、すげーな。
またまた、大きさがわからないわけだけど、しゃべりそうだ。
これまた、動かないのが不自然な精度。

ということで、こんなん作る人いるんだなあ、と。
てか、こんなもの量産できる技術があるんだね、ってびっくり。

CGもかなりすごくなってきて、トランスフォーマーとか、すごいと思うけど、
これほどのものがもし動くようなCGが完成したら、役者さんは?
的なものも感じるほどです。

そういえば、日本の食品サンプルを作る技術もすごいですね。
あれも、たぶん量産できますよね?

そうだ、日本の技術もすごかった
ホットトイズがどこの会社か、知りませんがw

なんとなく、海外のメーカーかな?っと思ったので。

やっぱ、海外のメーカーでした。


ラベル:ホットトイズ
posted by ない丸 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。