2011年11月14日

米スモーカーのお話をひろってみた

米スモーカーの7割が禁煙希望、成功率はわずか6%

こちらによりますと、喫煙者の7割は禁煙を望んでいるそうです。
割と、禁煙をしたい人は多いのですね。

そして、禁煙を成功した人は、そのうちの6.2%との事です。
100人に6人ということは・・・約17人が禁煙チャレンジして、1人が禁煙成功という数字ですね。

ふむふむ。

成人人口の2割の人が喫煙者、そのうちの約半数がお医者さんに禁煙を勧められているとか。
お医者さんに言われる前に止められたらいいんですけど、それが難しいようですね。

タバコの害は沢山いわれています
百害あって、一利なしなんて言葉も使われます。

詳しいことは、省きますが、ま、単純に思うことは、煙を体に入れ続けて良いわけないですよね。
火事の現場だったら、煙で窒息死しますからね。

たばこの煙も同じだと思います。
完走した草に、火をつけて、そこから出た煙を吸うわけですから。

ふつう、むせますよね。
焚き火の煙とか、バーベキューの煙と同じだと思うのです。

それは、さておき、やはりタバコを止めるのは難しい
その、一番の原因は、習慣だといいます。

「吸わないと、なんかしっくりこない。」で、吸う。
一般的にタバコの中毒性、ニコチンなどは、2週間ほどで依存性がなくなるそうです。

でも、2週間以上禁煙していても、また、喫煙を習慣化する人がいます
1、2年以上たっても、再び吸う人がいます

これが、たばこの習慣性です。
タバコを吸うという行為自体が、好きといってもいいかも知れませんね。

本気で止めたい場合は、カウンセリングがいいと思います。
カウンセリングは、タバコを吸いたくなくなる方法で、タバコを止めさせてくれます。

たとえば、タバコから遠ざけておいて、その後きついタバコを吸わせてみる。
いくらでも、吸っていいですよ、と言って。

で、しばらくタバコから遠ざかっていた人は、いいのかな?と思いながら、そのきついタバコに火をつけて、吸ってみる。
信じられないほど、苦しい。

で、タバコが恐くなって、止めちゃう。
そんな、方法もあるみたいです。



・・・こちらは、別の話題wかわいかったのでw


ラベル:米スモーカー
posted by ない丸 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。