2011年10月31日

まりあの記憶って、何ですか?

まりあの記憶って、なんですかあ〜?と思ったら、人みたいです。

検索で雑な内容の記事しか引っかからなかったんですが、
これじゃないかな?と思うものを見つけました。

「まりあの記憶」というブログです。
作者は、まりあフランキーさん

現在彼女は、この世にいません。
7月29日に、亡くなられたようです。

で、昨日ですね、テレビで追悼番組を放送したんですね。
その、反響だと思います。

ブログの方は、今年の1月12日から、書き始められたようで、
始めての記入日が、この日になっています。

ブログを始めたきっかけは、入院によるものかもしれませんね。
このとき、何かを書きとめておこうと思われたのかな。

まりあフランキーさんに、ついてですが、
facebookではフランキー マリアとして登録しています。

女性、B型以外の公開はありません。
お友達には、もっとプライベートを公開しているかも知れませんね。

で、よくわからないので、番組の内容を少し見てみると、
いわゆる、自分がもうすぐ死んでしまうので、それまでにやっておきたいこと、
会っておきたい人などを、まとめ、それを実行した映像を放送したようです。

ああ、こういう映画あったな、「最高の人生の見つけ方」っていう
たしか、テレビで放送したことありました。

で、話を戻して、なにやら、まりあフランキーさんはこのとき、
前の旦那さんにも会って、お別れを言ったとか。

壮絶や。

たまらん、泣きそうです。
そりゃ、話題にもなるわ、と思ったわけです。

どこまで、VTRが回っていたのかは、わかりません。
死の直前まで回っていたのでしょうか?

たまりませんね。
そんな姿を、撮る、撮らされる、撮ってもらう、撮っておく。

いろんな、人の目線の思いがそこにはあるんじゃないのかなあと思います。
私たちとしては、そんな姿を見させていただく、
といった感じではないでしょうか?

まりあフランキーさんの病名は、ALSという病名でした。
wikipediaによれば、筋萎縮性側索硬化症という病名だそうで。

筋肉がなくなり、呼吸すら出来ないほどになり、死んでしまう難病のようです。
この際、病気がどんな病気でも、あまり関係ないですね。

てか、問題は病気じゃ、ないです。
だって、病気になるのは、しかたないやん。

治るとか、治らないとか大事だけど、大切だけど。
もっと、大事なことってあるじゃないかなと。

人間の存在っていうか、証って言うか、
死んでから残るものってあるんだなあ、と思います。

それは、死ぬまでにどう生きたのか?

一生懸命、生きなきゃあかん!と、ちょっと自分が恥ずかしくなる思いでした。
まりあフランキーさん、ありがとうございました。


posted by ない丸 at 11:09| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。